CLOSE

オンナノコのためのダイビング。

ピルについて知っておこう

PUBLISH // | UPDATE //
ピルについて知っておこう

ピルってどんなもの?

最近ピルを気軽に使う女性が増えてきましたが、どういうものかを理解している人は少ないと聞きます。

旅行やダイビングの時に使用することのある、ピルについてきちんと知っておくことが大切です。

一般的にピルとは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤「低容量ピル」と呼ばれるものを指します。

作用は「排卵抑制」と「子宮内膜の増殖抑制」が主となります。

簡単にいうと「避妊」防止や「月経痛」「過多月経」の改善などを目的としたお薬です。

月経を遅らせたり、早めたりする効果もあるので、現在では「月経移動」を目的に使用している人が多いです。

余談ですが、ニキビ改善にも効果があるようです。

ピルの種類

ピルには一般的に使われている「低容量ピル」以外に、「中容量ピル」と緊急的に妊娠を防止する目的で使用する「アフターピル」があります。

用途によって使い分ける必要があります。

いずれも医療用医薬品で、入手する為には医師の診察と処方がいるので、婦人科や産婦人科の受診が必要になります。

ドラッグストアなどで入手ができない、入手の為のハードルがある理由は、薬の乱用と性犯罪への利用を防ぐ為です。

新型コロナウイルスの影響もあり、2020年4月から初診も含めたオンライン診療が全国的に認められいるので、現在ではオンラインでの診療で処方してもらうことができるようになりました。

以前と比べると手に入れやすくなったといえます。

副作用はあるの?

低容量ピルを使用する上で注意したいのが副作用です。

主な副作用は「吐き気」「不正出血」「頭痛」「下腹部痛」などがあり、おもに服用初期に見られます。

この副作用は自然に治ること多いのですが、まれに命に関わる副作用が出ることもあります。

ピルには血液を固める成分が含まれている為、血栓症になる可能性があることを覚えておいてください。

特に注意が必要なのは、「高血圧」「糖尿病」「喫煙者」「肥満」に当てはまる人は、通常よりリスクが高いです。

料金は自費で3,000円前後、保険適用で2,000円前後で入手できます。

不安や心配がある場合は、1シートの使用ごとに血液検査を行うなどをすると良いでしょう。

リスクや副作用はありますが、正しく使えば問題が怒る事はほぼありません。

 

服用方法などの注意点をしっかり覚えて、正しく使用することで旅行やマリンスポーツに活用してください。